2016年4月21日木曜日

夢: 野球のユニフォームを着て入社式に参加する

出社してみると、会社の入り口のところに行列ができている。私の前に並んでいる男は、何か大きなものを持っていて、動くたびにそれが私に当たり、邪魔である。

よく見ると、その男は並んでいるのではなく、案内の貼り紙を持って立っている役割のようだ。貼り紙を見て、今日は入社式であることを知る。会社の入り口付近が会場のようで、椅子が並べられている。

新入社員はもちろん参加必須だが、そうでない社員は希望者のみが参加するらしい。行列の先頭には仕分ける係りがいて、希望しても参加させてもらえないケースが多い。椅子の数も少ない。

私は入社式への参加を許された。学校名の書かれた(大学ではなく高校の)野球部のユニフォームを着ているためのようだ。私は野球部ではなかった(実際も、夢の中でも)。

参加を許されはしたが、その時間仕事をしているほうが、有意義なような気がしてくる。しかし、会社トップの貴重な話が聞けるかもと、考え直す。

トイレに行く。個室に入ると和式である。しゃがむと足場が内側に傾いていて、非常に姿勢がつらい。自分が裸足であることに気付く。トイレはとても汚く、足の裏の感触が不快である。誰かが入ってくる音が聞こえた。個室の鍵を締めたかどうかが、心配になる。

0 件のコメント:

コメントを投稿