2017年6月7日水曜日

人工知能「Alexa」の語源

「ほら、あれ、何て名前やったかね~。こげんやつよ、ほら、あれ、あれくさ」って感じで、誰かに聞きたい時のあるやろ、だけん、Alexaって名前にしたったい。(ジェフ・ベゾス談)

2017年5月28日日曜日

夢: バスツアー、三つ折の携帯電話、著作権

バスに乗ろうとしている。長距離の夜行バスだ。バスは百道(ももち)のあたりから出発するようだが、私はその近くの別の場所から乗ることになっている。バスのルートは複数あり、どの便に乗るかよって、どこで待つべきかが変わってくる。

バスに乗ろうとしばらく待っているが、なかなかバスが来ない。ここで待つべきなのかどうかも分からない。路線図を見ている(頭に思い浮かべている?)が、ぼんやりしていてよく分からない。

(場面変わる)

宿に泊まっている。同じツアーに参加している人間が狭い部屋に大勢泊まっている。建物は簡易的なもの。夜が明けるとバスが来るので、その時間に合わせて、出発のための荷造りを終えないと言えない。

今何時なのか、バスが何時にくるのかは、なんとなくは分かってはいるが、はっきりとせず、乗り遅れるのではないかという漠然とした不安のなか準備を進めている。

(場面変わる)

バスに乗れた。席は決まっておらず、どこに座ればいいか迷う。乗ってすぐ前方の方に、ボックス席がぽつんと空いている。ちょうどいいと思い席に座ると、なんだか手がベタベタする。座席も濡れているようだ。

近くに座っていた人(知り合い?)に話を聞くと、O君(中学生のときの同級生、生徒会副会長)が病院に搬送された際、水素水をかけたのでシートが濡れたらしい。

(場面変わる)

同じツアーに参加している知らない若い女性から、携帯電話を渡されながら、バスツアーの会社から電話がかかってきたから代わってくれと言われる。どうやら面倒な話だから自分では対応できないということらしい。携帯電話は三つ折りになっており、開くと30cmくらいある。時々、折れ目が動くので扱いにくい。

電話に出ると、ツアー会社の人は、このツアーが著作権的に問題があるという指摘を受けた、という。私は、著作権的には問題ないのではないか、と助言する。

いろいろ話を聞くと、その指摘は私の勤める会社のKY部長がしたものであることが分かり、あの人はこういうきっちりした面があり、面倒くさいことになったなあと思う。

夢: 風俗街、洋館、中国人の女と男

行き着けの風俗街に来ている。いつもの店に行こうとする。この場所にあるはずだという場所に来るが店が見当たらない。行き付けの店は東京にあり、ここは福岡だということに気付く。

呼び込みの男性が話しかけてきた。言葉が片言なので中国人だと思われる。料金は1000円だという。私は、その1000円は入浴料にあたるものだと考え、総額を教えてくれ、と言う。総額は5000円とのこと。私はその店に入ることにする。

部屋に入ると、女性は中国人であった。若くもなく不美人で生活感がにじみ出るような顔をしているが、嫌悪を抱くほどでない。

部屋は相当広く、100平米くらいあり、天井も普通の3倍くらいある。この建物は西洋人の富豪のお屋敷を改装したものだということを思い出す。部屋の中には2階部分(かなり立派なロフト風)がある。そこに上がるための階段は柔らかい網状のハンモックのようになっていて、心もとない。女性はそこを無邪気な仕草で上がっていく。

いつの間にか部屋には、別の男性がいるが、私は違和感は覚えない。その男性は人相が悪く、ごつい体つきをしている。この男も中国人だと思われる。

私はこの状況から、どうやって事をなそうかと考え、3人で風呂に入ることを提案する。

ふと見ると、男性が乱暴に女性の服を脱がそうとしているので、私は少し不快感を覚える。

2017年5月21日日曜日

夢: のりアイス

女の子がカップのアイスクリームを食べている。女の子は二十代くらいでショートカット。すごく元気な感じで、たまに声を裏返らせながら、そのアイスの製品特長を説明してくる。

最初に食べたときは、さしたる個性もない地味な味だと感じるが、不思議とまた食べたくなる魅力を持っており、そこがこの製品の狙いなのだと言う。

そういえば、そのようなアイスのことを妻に聞いたことがある。「のりアイス」という商品名だ(表記は平仮名だが、「海苔」ではなく「糊」である)。

広いスケートリンクの真ん中で、私はそのアイスを食べている女の子と話している。

私はこのアイスのことを妻から聞いたときにはバニラ味であるのだと思っていたが、女の子が食べているのはチョコ味で、なんだか少し違和感を覚える。

2017年3月2日木曜日

夢:ソファーの迷路、偽札コピー、シースルーのエレベーター

私はF社からS社へ出向している。今日は出向元のF社を訪れた。TUさんとの打合せだ。(TUさんはF社のOBで、すでにH社の社長になっているので、F社にいるのはおかしいのだが)

F社の本社ビルに入る。大部屋の迷路になっており、その迷路を通り抜けないと、先の部屋には進めないらしい。迷路はセキュリティのためなんだなと思う。しかし、その迷路は、背の低いソファーを並べて作られたものなので、飛び越そうと思えば、そうできるようなものである。

「以前は、違う形の迷路でしたよね」と連れのTWさん(H社からS社に出向しており、今一緒に仕事をしている人)に話しかける。たしかに、そうだったようだ。セキュリティのために定期的に迷路を作り変えているらしい。

私は資料のコピーし忘れを思い出し、1階のコピー機で足りない分をコピーしようとする。たくさんの資料の中から、コピーすべき資料を探すのに手間取る。資料の中にお札も混ざっている、これを間違ってコピーしたら(偽札になってしまうので)大変だと思う。

資料が見つからないので、TWさんがいら立ち始めた。私は自分は資料を用意していないくせに、と内心腹を立てる。

TUさんの部屋は本社ビルの20何階、かなり上の方にある。通常のエレベーターとは別に、ビルの外壁に設置されているエレベーターがあり、それに乗る。シースルーになっており、外れて落ちるのではないかという恐怖を覚える。

上層階に着き、広いロビーのようなところにTUさんがいたので挨拶をする。TUさんは疲れ切っており、違う人のような人相になっている。あまりに違いすぎる人なので、本当にこの人はTUさんだろうかと心配になる。

2017年2月5日日曜日

チキンタマタ

テレビ東京のWBSより


正解はチキンタマタですか?
こんなところを伏字にされると、「マ」以外思い浮かばない。

なんで WBSでこんな煽り方をしているのかと思ったら、マクドナルドがクイズみたいなことをやっていたみたいで、

マクドナルドクイズ 2017年は酉年 ということで、今年、チキンタ○タがやってきます‼○に入る文字は?みなさんぜひチャレンジしてね 正解は明日発表で~す

それに対するツイートも予想通り、シモネタだらけでした。皆さん考えることは一緒ということで。

ただ、マクドナルドもそこを狙っているんじゃないかという気がして、そう思うと、のっかるのもちょっと悔しい。

ちなみに、答えは「チキンタルタ」(タルタルソースがかかっている)ということで、

ふ~ん。

2017年1月6日金曜日

夢:なかなか入れない図書館、岡崎京子の「カノン」、トコちゃんスタンプ

集合住宅に附属する図書室に行こうと思う。目の前にある建物の2階にあるはずだが、そこへの行き方がよく分からない。

建物の外壁に非常階段のようなものがあり、そこから行けそうだ。非常階段を上り2階へ行くが、窓があるだけで入り口はない。窓を開けるための回転レバーがあるので回してみると、少しだけ開いた。ここからは入れそうにないが、内側にいる人が「ここからなんとか入れるんじゃないか?」みたいな、いいかげんなことを言っている。

結局、すごく遠回りをし、私が勤めている会社の会議スペースを通り抜けることで、図書室に入れることが分かった。

外から見ると人気(ひとけ)がなく、今日は閉まっているんじゃないかとも思ったが、中に入ってみると、けっこう人がいて活気がある。ここの利用者は私が勤める会社の社宅の住民と、一般の集合住宅の住民が混ざっている。

私は布の袋に返却する本を持ってきていたが、よく考えてみると、これは他の図書館で借りたものなので、ここの図書室には返すことはできない。

貸し出しカウンターの前に、雑誌「りぼん」が平積みになっている。これは貸し出し用だろうか、販売しているのだろうかと思う。表紙には、「『カノン』執筆の裏側」みたいな記事タイトルが載っている。『カノン』と言えば、岡崎京子の作品だ(注:夢なのでデタラメです)。私は記事を読みたいと思う。

カウンターの前には、グッズ(付録?)も置いてあり、これらは売っているものなんだなあと思う。

図書室の係員は、住民が交代で務めている。図書係はスタンプを押す仕事もしなくていけないので、この係をやることになったら大変だ、みたいなことを妻が言っている。(借りた本の数に応じて「トコちゃんスタンプ」なるハンコが押される仕組みらしく、それを目当てに子供たちはたくさんの本を借りる)

たしかに、カウンターで作業している姿を見てみると、係の人が、すぽぽぽーん、とすごい勢いでスタンプを押している。